羨ましい

友人が家を建てたというので、お邪魔してきました。
中心部にすぐアクセスできる、静かな住宅街で、ほどほどに田舎の立地がとてもよく、子育て中のわたしからするととても、魅力的でした。
外観も黒を貴重としたお洒落な造りで、中は白で統一されたインテリアでした。
細かい所に収納もあって、本当にとても良いおうちで、ただただ羨ましかったです。
かたやわたしは、計算外に2人目が生まれてしまったので、家計が厳しく、安い賃貸へ引っ越したばかりだったので、あまりの生活の差にげんなりしてしまっていたところでした。理想を手に入れるためにはそれなりに苦労しなければいけないので、貯金がんばろうと励みにもなりました。
主人もわたしも戸建ての持ち家が欲しいと思っているので、帰ってから中古でも良いからかえるように頑張ろうねと話していました。
子どもが巣立っていったあとも、いざ帰れる家があるというのは精神的にも安定できるだろうと思います。
わたしには帰省出来る実家ももうありませんので、自分がそういう存在になれるようにしたいなと思っているところです。主人が昇進してくれたらすぐ買えるんだけどな?なんて甘いことを考えてしまいます。
気長にマイホーム手に入れるために節約から頑張らねば!と思いつつ、ついコンビニでアイスを買ってしまった今日この頃です。

窓から見える君

朝の涼しうちに、庭の草を引きました。まだまだ、残暑雨の残る毎日です。1時間かけてだいたい半分くらいの草を抜き終わりました。まだ半分残っています。

これを、もう1時間かけて、抜き終わりました。庭をならして、どれくらい時間がたったでしょう。

太陽も高く上がって限界をむかえ、草抜き作業は終了しました。こんなにも疲れて、こんなにも頑張ったにも関わらず、数日したら彼らは顔を出します。何事もなっかたかのように、普通に顔を出します。暑い日が照りつける日に、涼しそうな顔で出てきます。

私は、がっかりしながら窓の外を眺めます。よくよく考えてみたら、私は一人で彼らに立ち向かいます。

そりゃあ勝ってっこない話です。しかし、ここで負けていられません。除草剤という手も考えました。しかし、それは卑怯なやり方だと思いました。彼らも、抜かれたも抜かれても自力で顔を出します。

私だけ、人の手を借りるなんてフェアーでないからです。
それならこっちも自力で戦うのみです。しかし、彼らは卑怯なところがあります。

だって、前までいなかった人が風に乗ってどこからともなくやってきています。あたかも、今までいました的な顔をしています。こんな草見たことないね。と、思うものが増えてます。

ここに暮らし出して6年です。こうやって、まだまだ終わりのない戦いは続くのです。
カルグルト 購入

ささやかだけど、忘れてはいけない大切なこと

台風が過ぎてから一気に秋がめいてきたこの頃。
日中の残暑はまだまだ厳しいものの、夜は肌寒いくらいで、
あれだけ使っていたエアコンも、扇風機も使わずに寝れるようになりました。

最近は自宅でひたすらPCとにらめっこする毎日だけど
けっこう楽しんでやっていたりします。
今までまったく興味を持たなかったり、苦手で見ないフリをしていた分野が
とても身近に感じられるようになって、実に面白い。
この年になっても、挑戦することを忘れちゃ駄目ですね。
新たな経験が自分を成長させてくれているような気がします。

今の夫と出会う前にしていた「小さな幸せ探し」最近はしていないことにも気づくことができた。

ご飯を食べれる幸せ。
寝るための布団がある幸せ。
家族が健康でいてくれてる幸せ。
仕事がある幸せ。
お風呂に入れる幸せ。
笑って過ごせることの幸せ。
当たり前の日常を送ることができる幸せ。
友人がいる幸せ。

本当にあたりまえすぎて、普段は気づくことのできないたくさんの小さな幸せが
こんなにたくさんあるんですよね。それもごく一部でしかない。
それらが重なり合って大きな幸せをもたらしてくれる。
ん~~、すっかり忘れていたよ。まだまだ修行が足りないですね。
と、いうことはまだまだ発展途上にあるってことかな。どうだかわかんないけど
ここは前向きに、人として成長できる余裕があるってことにしておこう。

明日もいい日になりますように♪

雑誌を見ながら

雑誌とは、公募ガイドでした。自分で買うこともあれば、図書館で見ることもあります。厚生労働省の標語の募集に応募しようと思ったら、サイトが出てきませんでした。豊川市の募集にも応募しようとしたら、また、サイトが出てきませんでした。残念でした。
占いをしました。昨日、楽しいサイトを偶然見かけました。今日は、画面が変わってしまっていました。少し残念でした。でもそのサイトとは、ご縁がなかったと思います。昨日の占いの結果では、心の奥底で、ひやりとどきりとしてしまいました。当たっていましたら、うれしい結果でした。占いで、悪い結果が出ないと、楽しくなってしまいます。また、見てみようと思ってしまいます。うまいこと文章が作られています。読むと、わくわくとさせられてしまいます。無料で全部読める記事は、とても得をした気分になります。
占いで、良いことが書いてあると、日常生活が楽しく実りあるものになっていく気がします。行動力が増していきます。といっても、私は、おとなしい性格です。占いにも、そうありました。そして、優しいらしいです。好人物に、占いを読むと思えてしまいます。
他には、物腰が柔らかく、コミュニュケーション能力が高いらしいです。
コレスリム

学習は楽しくしたいものですね。

私が通勤する時、一度だけ電車を乗り換えします。
その乗り換えの駅は、わりと大きくな駅で、近くには大手の塾のビルが立ち並び、塾ごとの違うリュックをさげた小学生たちが、自分の塾を目指して、足早に通っています。
この子は何歳ぐらいかな?いつもそんな事を考えながら、自分が小学生だった時の事を思い出します。
私は、田舎育ち、というのもあり、まず、小学生の時、塾に通っている友達は一人もいません。
世の中がバブルがはじけてからは、就職氷河期、というフレーズが定着していて、とにかく良い学校に入ろう、という状況になってきているなかな、なんて思います。
夏休みなど、長い休みが続くと、塾の合宿がおこなわれていて、1日16時間ぐらいは勉強づけらしいのですが、それでも子供達は、家にいて親に説教されるくらいなら、塾にきて友達と勉強しているほうが、楽しいらしいのです。
以前、テレビで、有名中学校に合格した親子を取材していました。
母親が子供に約束した内容は、中学校に合格すれば、中学校からは自分の好きな事をしなさい、と言うものでしたが、取材中、息子の夢は「サッカー選手」母親の夢は「外交官」でした。
それを聞いた息子が一言「中学校になればサッカーしても良い、って言ったよね」
きっと息子はサッカーをしたい為に、母親の目指した志望校に合格するため、努力をしたんだな、と思いました。
大人になると、親の言う事聞いとけばよかった、と思う事もしばしばありますが、子供の時は理解できないので、子供をもつ親として、学習の在り方、を考えさせられています。

長期間で15キロ減らす

ダイエットを始めて2か月立ちます。始めた当初95キロ(現在92キロ)で無理せず、苦しまずに80キロまで2年がかりで体重を落とそうと計画をしています。経験上無理なダイエットは食事制限だろうが、置き換えダイエットであろうが、運動しようが無理な事はわかっているので少々工夫してあります。
いままでの失敗例を生かして、まず食事制限ですがどうせ何かのきっかけ(宴会や誘惑、その他もろもろ)で崩れてしまったりどうしても食べたいものがあった時、ガマンする必要がありますからね。一度崩れてしまったらそれ以上に食欲がわいてしまい逆効果になるのです。運動も同じことで、運動すればお腹が減るし体にもきついという2重苦です。
これもいい方法はなく、せいぜい近場は車を使わず歩くぐらいが関の山です。
これらの方法は、短時間に体重を落とす場合に行うためのものでありよく考えれば緊急性はないので、もっと気長に考えることにしました。2年という設定にはしましたが、それもそこにこだわらなくあくまでも目安にしたいと思います。
今やっている方法であれば、そこまで大変な事じゃないから続けられると今のところ考えています。どういう方法かというと、まずはカロリーを気にする事で5%から10%ぐらいのあまりわからない範囲で落とすことと体重計に毎日乗る事です。
大澤美樹 ボディスタ

お勧めはできない?私なりの便秘解消法

妊娠してから便秘が悪化してしまい、そのせいもあって、体重の増加を抑える事ができません。
週末には、4週間ぶりの健診があるんですが、すでに前回より2kg以上増えてしまい、怒られるんじゃないかと怯えています。
特別、今までの食生活と買えたわけでもないのに増える事を考えると、せめて、体内にある便を全て出してから、体重計に乗りたい!と、快便に関して試行錯誤してみました。
元々便秘気味ではありましたが、1週間に1度出るか出ないかはさすがにお腹の子にも、お肌にもよくありません。
そこで、今まで私が取っていた方法は、激辛料理を食べる事。
激辛料理は妊婦にはよくない…と聞きますが、その理由は、流産に関係したり、胎児に悪影響が及ぶわけではなく、妊婦さんがお腹を壊すから…という理由でした。
本当は正しい事ではないとわかっていますが、整調作用に良いだろう青汁、ヨーグルト、納豆、プルーン、バナナなどは、以前から効果がなく、下剤やイチジク浣腸なども試しましたが、大した効果は見られなかったので、これが私なりの便秘解消法でした。
今週末までに一度激辛料理に挑戦して、美味しく、体を軽くしたいと思います。
お腹は痛くなりますが…きっと体に溜め込んでしまうよりは、体のためになっている!と私は信じています。

プチおしゃれ

最近、プチおしゃれに目覚めました。
と言ってもほんとにちょっとしたことなんです。
普段料理などをするので剥がれたりを考えてマニキュアはできませんでした。
手先がキラキラときれいなのは羨ましかったですね。
しばらくは我慢してましたが、やっぱり何かしたくて思い付いたのがペディキュアです。
足の爪ならなんも問題ないですよね。
これに気づいてからは楽しみができて嬉しかったです。
なるべく安く済ませたかったので、100均で揃えてます。
今では結構な種類の色持ってるので気分で変えています。ただ塗るだけではなく、今はシールとかでかわいくしちゃってます。
これが楽しくて楽しくて夜のあたしの楽しみに。
自分の時間にする楽しみがなかったので今ではこのたもに頑張れてます。
今日はこんな風にしたいとか考えるのも楽しいですよね。インターネットでもいろいろ載ってるので見て真似したりもしてます。
たまにちびらがシール貼ってと来るのですが、貼ってあげても反応いまいちでやっぱりなんか違うなと思いますね。それでも、ママ可愛いと誉めてくれるので嬉しいです。これからもおしゃれには気を使いたいと思います。ちびらのためにいつまでもかわいいママでいたいんです。
からんさ 口コミ

牛乳が飲みたくなる瞬間

わたしは無性に牛乳を飲みたくなる瞬間がある。
それは、風呂あがりである。
正確に言えば「コーヒー牛乳」が飲みたくなるのだが、私としてはただの牛乳でも問題ない。
そもそも、風呂あがりのコーヒー牛乳って誰が考えたものなのだろう。
非常に組み合わせとして優れていて、平賀源内の土用の丑の日並みに優れた発想だと思う。
こうしたイメージ戦略は、実際の組み合わせとして優れているかどうかは別として、人の心に刷り込まれるのだから恐ろしい。
とにかく、風呂あがりは牛乳が飲みたくなるのだ。
ちなみに、銭湯で飲むコーヒー牛乳は自宅で飲むよりも格別である。
入浴し、時にはサウナに入ったあとのコーヒー牛乳は、全身の隅々にまで行き渡る味わいである。
コーヒー牛乳以外にも、フルーツ牛乳などが売られており、こちらも大変おいしいものである。
多分、コンビニでコーヒー牛乳やフルーツ牛乳が売られていても、他の飲み物に手を出すと思うが、銭湯だったら、上記二点に限る。
それ程までに、お風呂と牛乳の組み合わせに対する刷り込みは大きいのだ。
この組み合わせ、誰が考えたかは知らないが、本当に素晴らしい宣伝力だと思う。
考案者に「ありがとう」と声をかけたくなるほどに合致した組み合わせなのだから。

納豆の好き嫌いってどうなんだろうか

日本食の中でも、納豆は好き嫌いが分かれる食べ物だろうと思う。
理由は単純で、ネバネバ感とにおいだ。
あのネバネバ感は「本当に食べられるのだろうか?」と思わせるのに十分だし、においも嫌いな人がいても仕方ない感じのにおいである。
あと、納豆の悩みと言えば「容器のゴミ」である。
納豆パックのゴミを長期間放置していると、においが酷いことになるので、処分に気を使わないといけない点がネックである。
なお、私自身は、割と納豆は好きな方なのだが他人がダシとからしを混ぜたものは食べたくない。
なぜと言われても答えられないが、人が混ぜたものだと急激に食欲が落ちるのである。
昔、納豆に関するトラウマがあったのかと思えるほどに不可思議な感情だが、実際にそうなのだからしょうがないと言える。
ちなみに、豆のサイズについては小粒のものが好きである。
大粒のものより食感がいいし、何より食べやすいのがありがたい。
スーパーに訪れた際、小粒がなくて大粒しかない場合はスルーするくらいである。
納豆に効能があろうがなかろうがスルーする程なのである。
効能と言えば、大豆イソフラボンだが、納豆で摂取するよりも豆乳などから摂取するケースの方が多いのではないだろうか。
そう考えると、納豆じゃなくて豆乳飲んでも大差無い気がしてきたし、納豆の好き嫌いがあろうがなかろうが問題ないのかもしれない。